テロ一網打尽作戦 シーズン②の最近のブログ記事

前回までのあらすじ

 

テロ対策ユニット(海賊船カワハギ釣り倶楽部)による、テロ犯人(カワハギ)の

一斉捜査が始まった。さまざまな妨害工作が我々に襲い掛かる。

悪条件の中開始されたテロ一網打尽作戦だが、思いのほか妨害工作は

少なく、駆け出し捜査官達も幹部クラス(25cm以上)検挙などの活躍が

目に付く。しかし、テロ一味も素直に検挙されるわけもなく、二軍捜査官の

Y井捜査官がターゲットにされた。

 

なお、この作戦の一部始終は船長捜査官の視点により

リアルタイムで起こっている。

 

 

 

 

12:04  Y井捜査官が検挙したのは、爆弾テロ犯(くろあなご)だった!

       ちょっとキモイ 殺気だった顔をしたこの犯人はおそらく

       捜査本部内に進入自爆し混乱(ビックリ)させようとしたに

       違いない。未然に防いだY井捜査官のお手柄だ。

 

 

24-1204.JPG

 

 

12:00  雨は完全にあがり、上空には虹が顔をだした。

 

       

24-1216.JPG

 

 12:10 去年の作戦からあっという間の一年だったが、ここまでの道のりは

       平坦ではなかった。 

       今回のテロ一網打尽作戦に参加しようと頑張っていた二人の捜査官

       が今回の作戦に参加してない。 一人はナベ捜査官だ。

       前回の作戦でテロ一味の攻撃(船酔い)にあい、捜査(釣り)もろくに

       出来ず病院(船のキャビン)に運ばれてしまった。その悔しさから

       今回にかける気合は並大抵のもではなかったのだが・・・・・・。

       もう一人はミワ捜査官の旦那で駆け出し捜査官のダイ捜査官だ。

 

        二人は今回の作戦に参加するまえに、宝田支部長と俺とで

       麻薬捜査(マルイカ釣り)に協力すべく三浦半島の佐島港に向った。

       しかし、ハードな捜査(時化)なので二人が心配であった。

       捜査の途中でダイ捜査官の姿が見えなくなった。

       テログループに拉致(船酔いでキャビンへ)されてしまったのだ。

        懸命に捜査を続けていたナベ捜査官も売人から攻撃(おまつり)

       を受け、いつの間にか行方不明に(船酔いでキャビンへ)。

       いまだに二人の消息はわからない・・・・・・。

       この二人の捜査官のためにも、今回の作戦を成功させなけ

       ればならない。

 

 

12:30  俺も捜査に加わって順調に検挙(釣果)数を伸ばしている。

       一年間の努力が今回出ている。

       他の捜査官は検挙はしてるものの、数が伸びない。

       やはりこの捜査が簡単ではないことを思い知らされる。

 

              支部長は捜査に夢中だ・・・・・w

 

 

 

24-1404.JPG

 

 

12:30   検挙数(釣果)がなかなか上がらない捜査官達のなかで

        一人黙々と検挙数を伸ばしているいるのがイサオ捜査官だ。

        時折「ボスです!ボスです!(メガです!メガです!)」

        と言って、俺に捜査協力(タモ要請)を求めるが、彼の元に

        実際に行ってみると違法検挙(スレがかり)がしばしばだった。

 

 

 

12:45   「ウウウウウウゥゥゥゥゥゥ重いぃぃぃぃぃぃ!!」

        唸るような声が隣から聞こえてきた。

        ミワ捜査官だ!「すごい重いぃぃぃ」

        どうやらボスらしき犯人を追ってるらしい(リールを巻いている)。

        俺はすぐさま自分の捜査を中断してミワ捜査官の

        応援(タモ持って)に駆けつけた!

        検挙用の道具が壊れそうだ(竿がひん曲がってる)。

        俺はミワ捜査官にアドバイスをしながら犯人検挙を待ちわびた。

 

        そして、検挙したのが・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24-1245.JPG

 

 どっど~んっ!!(でかぁぁぁぁ)

 

12:46  検挙したのは、俺も見た事がないほどの大物だ!

        ボス(30cmオーバー)らしき風貌は貫禄すら感じる。

        ミワ捜査官の粘り強い捜査が実を結んだのであろう。

        ダイ捜査官の無念を晴らせたかもしれない・・。

        さっそく俺は、ボスであるか取り調べ(計測)を行った。

 

 

 

24-1246.JPG

 

 

12:50  残念ながらボスではなかった(29cm惜しい!)が、ボス検挙への

       道のりが近づいて来ている事は実感できる。

       

 

14:00  ここで今回のテロ一網打尽作戦が終了した。

       悪コンディションの中、一人の犠牲者(船酔い)も出さず、

       この作戦を終えた。検挙者0(ボウズ)という捜査官も

       いなかった。優秀だ。

 

 

24-1403.JPG

 

 14:30  着替えを終えてから支部(海賊船)のある宮前平に

       向う。今回の検挙数(釣果)は以下の通りだ。

 

24-釣果.JPG 

 

 

15:30  残念ながら一軍捜査官のバンバンとおんちゃんは

       検挙数が5人(匹)以下ということで二軍降格になった。

        厳しい結果だが、今後のスキルアップを期待したい。

 

 

16:00  宮前平に到着。犯人達(カワハギ)を整列させ、

        これから刑務所(調理場)に輸送する。

        強面揃いだ。

 

24-1600.JPG

 

 

17:21  別働隊で捜査に参加していたヤノッチ捜査官も合流。

       検挙数は4人(匹)ということで、自ら二軍降格申し出た。

       今年一軍昇格した3人の捜査官のうち2人の捜査官が

       二軍降格してしまった。それだけ厳しい捜査だったことが

       伺える。

 

 

  24-1721.JPG

 

 

18:11   犯人達(カワハギ)の事情聴取(調理)も大事な我々の任務だ。

        事情聴取が終われば来年に向けての反省会(宴会)だ。

 

24-1811.JPG

 

 

18:12  反省会では例年、今日の作戦(釣り)を振り返り

       次回に向けた逮捕術(誘いや仕掛け)や武器(竿やリール)の話で

       盛り上がる。

 

24-1812.JPG

 

24-1820.JPG

 

 

18:30  前回大活躍だったオンチャン捜査官は今回不調に

       終わったが、次回の作戦での活躍を期待したい。 .

              

24-1830.JPG

 

19:00  反省会も終焉をむかえ、次回に向けていっそう気合が

       入っている捜査官が目に付く。

       そして、外は暗闇に包まれていく。

 

 

今回の作戦はBATコンディション(釣りづらい)の中、ミワ捜査官の

ボス級(29cm)検挙や、駆け出し捜査官のイサオが初捜査(釣行)で

いきなり12人(匹)検挙など、いい成果が得られたと思っている。

(俺としては一番の大物(?)を検挙したのはスグル捜査官だと思っているが。)

しかしながら、行方不明の二人の捜査官や二軍降格の捜査官など

改めてこの作戦の難易度を思い知らされた。

テロ組織が暗躍してる佐島では、超大物ボス(33cm)の検挙が報告

されている。まだまだこれくらいの成果(釣果)で手放しに喜んでは

いられない。

 

テロ組織壊滅まで、我々テロ対策ユニット(海賊船カワハギ釣り倶楽部)は

戦い続けなければならない・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズン②  END

 前回までのあらすじ

 

テロ対策ユニット(海賊船カワハギ釣り倶楽部)による、テロ犯人(カワハギ)の

一斉捜査が始まった。さまざまな妨害工作が我々に襲い掛かる。

順調に始まったかのように見えた捜査だが、実は船長捜査官がテロ犯人から

妨害工作を受けていた。そんな中、ようこ捜査官が誰よりも早く

スピード検挙! 今後の捜査が期待できる。

 

なお、この作戦の一部始終は船長捜査官の視点により

リアルタイムで起こっている。

 

 

9:09  検挙したのは、一軍捜査官のマツと駆け出し捜査官のあやだった。

      今シーズンから一軍捜査官に昇進したマツ捜査官は、駆け出し

      捜査官のあやとコンビを組んで捜査にあたっていた。

      まさかの二人同時検挙で息の合ったところを見せてくれた。

      はしゃいでる様子が、売れない漫才コンビに見えてしまうw

 

 

 

24-909.JPG

 

 

9:12   次に検挙の声が上がったのがキヨシ捜査官だ。

       ようこ捜査官同様に朝の笑顔は、捜査に対する自信から自然に

       でたのであろう。しかも検挙したのは幹部(25cm以上)クラスだ!

 

 

24-912.JPG

 

 

 

 9:15  やはり幹部クラスになると迫力がある(26cm)

 

24-915.JPG

 

9:19   「船長捜査官!」

       聞きなれた声が俺を呼ぶ。

       宝田支部長だ(海賊船カワハギ釣り倶楽部部長)。

       前回は支部から指揮をとっていたが、今回は俺と一緒に捜査の

       指揮を自らとるということで出張っている。

                ある程度検挙できたら、捜査の指揮(宴会&ビデオ撮影)に

       戻るといっているが・・・・・・・。

 

     

24-919.JPG

 

 

9:22   「検挙オオオオオォォォォ!」

       この時間帯に立て続けに検挙の声が。

       ドウハラ捜査官だ。

       久しぶりの捜査復帰で自信なかったようだが、堂々の幹部検挙。 

 

 

24-922.JPG

 

 

9:23  「キター船長捜査官キター」

      少し慌ててる様子の声だ。

      駆け出し捜査官のイサオが検挙(カワハギGET^^)

       朝、車の中で、逮捕術(釣方)の会話を聞いた時は今回は

      厳しい捜査になると思っていたが、センスなのか・・・・。

      このあと、イサオ捜査官が活躍するとは誰も予想していなかった。

 

 

24-923.JPG

 

9:32  「キタキタデケェェェェ船長船長」

      やや興奮ぎみに検挙した事を報告するのは、やはり

      駆け出し捜査官のスグルだ。

      イサオ捜査官に続き、スグル捜査官もスピード検挙。

      しかも、今日はこれ以上の幹部は検挙できないであろうと

      思うほどの大物だ。

      逮捕術はやはりスキル云々よりもセンスが重要なのかもしれない。

 

 

24-932.JPG

 

 

9:33  さきほどキヨシ捜査官が検挙した幹部より

      一回りおおきく(28cm)ふてぶてしい。

 

      支部長は捜査から戻らない・・・。

 

 

24-933.JPG  

 

  

9:35   うしろから検挙の声が聞こえてくる。あきあき捜査官だ。

       今回初めてこの作戦に参加したが、バンバン捜査官にスキルを

       学び、始めての捜査でも10人(10匹)を検挙している。

       頼りになる捜査官がまた増えている。

 

       しかし、そのバンバン捜査官の声が聞こえない。

       今シーズンにマツ捜査官と一緒に1軍昇格を果たした彼は

       どうしたのか・・。まさかテロの餌食に・・・・・。 

 

24-935.JPG

 

9:44  「やったー検挙(釣れた)!」

      俺の隣で一生懸命捜査を進めていたが、なかなか手があわず

      苦戦していたミワ捜査官がやっと検挙!

      粘り強い捜査が実を結んだのだろう。

      「今日は何かやってくれそうだ」

      

      支部長はもどらない・・・・・・。

 

 

24-944.JPG

 

10:00  まだまだ検挙してない捜査官もいるが、幹部クラス検挙や

       好調な検挙数を見ていると、現場にいない俺もメラメラと

       闘志が燃え上がり早く捜査に参加したくなってきた。

       「ぜったいに今日はボス(30cm以上)がいるはずだ」

 

       支部長は捜査からもどらない。

 

10:30  支部長は戻ってこないが、俺はしびれを切らし

       現場復帰することにした。

       他の捜査官同様に俺も一年間逮捕術を磨いてきた。

       今日この作戦にどれだけ通じるか腕試しだ。

 

11:03   「やっと検挙!」の声が。

        Y井捜査官だ。今回はじめてこの作戦に参加だが、あきあき捜査官

        同様に、バンバン捜査官についてスキルを磨き、初捜査で

        12人(匹)検挙している。しかし、将来有望な駆け出し捜査官を

        テロ一味が黙っていなかった。

        数日まえに、テロ一味に拉致(仕事)され、電気ショック(マジです)

        の拷問を受けている。

        拷問の影響を引きずってないか心配されたが無事に検挙する

        ことができた。

        「このあと何もなければいいが・・・」

 

        

24-1103.JPG

 

12:04   「船長捜査官!船長捜査官!」

        バンバン捜査官だ。

        一軍に昇格して教育係りを担当しているバンバン捜査官から

        やっと検挙の声かと思ったが

        バンバン捜査官:「Y井捜査官の様子が変です!」

        Y井捜査官のもとに行ってみると必死の形相で

        犯人(カワハギ)を追って(リールを巻いて)いる。

        船長捜査官:「これはボス級か!(根がかりじゃね?)」

        「なんかおかしいぞ」

        Y井捜査官が検挙(魚があがる)する瞬間

        「あぶない!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

to  be  continue.....

 

この物語は、2010年11月23日(火)に、宝田支部長率いる

テロ対策ユニット(海賊船カワハギ釣りクラブ)による、

テロ犯人(カワハギ)一網打尽作戦(カワハギ釣り)の一部始終である。

 作戦の全貌を船長捜査官(船長)の視点からリアルタイムで

物語にしたドキュメントである。

 

 なお非常に危険な作戦(笑^^なため、心臓が弱い方は

注意してもらいたい。

 

出演  主演;船長捜査官(船長)

     宝田支部長:宝田(海賊船釣り倶楽部部長)

     ベテラン捜査官:オンチャン

     一軍捜査官:バンバン・マツ(海賊船カワハギ釣り倶楽部一軍)

     二軍捜査官:あきあき・ドウハラ・みわ・Y井

             ようこ・キヨシ(海賊船カワハギ釣り倶楽部二軍)

     駆け出し捜査官:イサオ・すぐる・あや(カワハギチルドレン)

     

 

 

シーズン②

 

4:15  アスファルトに強く打つ雨の音が、俺の身体を揺するかの

      ように目覚めさせてくれた。

      「また、この日がきたか」

      去年から始まったテロ一網打尽作戦(カワハギ釣り大会)だ。

      予報通り、あいにくの雨模様。

      これから風も強くなりそうだ。  

      今回、駆け出し捜査官が3人捜査に参加する予定だが

      危険(船酔い)は回避してもらいたいものだ。

 

5:00  駆け出し捜査官のイサオを拾ってから、みわ捜査官と

      やはり駆け出し捜査官のスグルを拾う。

      支部(海賊船)集合は5:30だ。

 

 

5:30  予定時間。

      一人の遅刻者もなく精鋭14名が支部に集まった。

      それぞれ4台の車両に乗り込み捜査が行われる久比里に出発。

      前回は、目的地に到着するまで、さまざまなテロからの

      妨害工作があったが今回は・・・・・。

 

6:00  目的地に向かって横浜横須賀道路を、みわ・スグル・イサオ

      を乗せた俺の車が突っ走る。

      車内では駆け出し捜査官たちが

      イサオ捜査官:「おまつりって知ってるか?」

      スグル捜査官:「タタキって知ってるか?」

      など、捜査問答をやっている。

      俺は胃が痛くなってきた。 

 

 6:30  目的地の久比里に到着。

      今回は各車両無事に目的地に到着することができた。

      今回も情報屋(船宿)はやまてん丸に依頼。

      何か回りの様子がおかしい・・・・・・。気のせいか

  24-727.JPG

 

 7:00   8:00の出船に備え各自準備に入る。

       ここまで順調にきている事が一抹の不安ではあるが

       気を抜かないようしなければ。

       雨はまだ降っている。

 

24-728.JPG

 

 

7:30   「痛っつうううううううう」(冷てええええええ)

       ここで始めてテロ組織の妨害工作が発覚した。

       被害者は俺である。

       駆け出し捜査官達の捜査(釣り)準備を手伝い

       いざ自分の準備を始めようと捜査専用靴(長靴)を

       履こうを左足を入れると激痛(冷たかった笑^^)が走った。

       テロ犯が靴に細工(長靴が穴開いていた^^;)をしていたのである。

       ここで標的になったことを言えば捜査官達が動揺すると

       思い、血(水)まみれのまま靴を履き黙っていた。

       (恥ずかしくて言えなかったtt)

 

8:00   出船の時間になっても船が出ない。

       「何かあったのか」捜査官達に緊張の色が見える

 

24-811.JPG

 

 

8:11   いっこうに出発しない船に、俺はやまてん丸に

       訳を聞いてみた。

       水位が異常に上がり、出船できないとの事。

       これもテログループによる妨害工作なのか。

       「朝異変を感じたのは、そのせいだったのか」 

 

24-812.JPG

 

 

24-813.JPG

 

 8:32   やっと出船できる状態まで近づいてきた。

        キヨシ捜査官とようこ捜査官が談笑しているが

        余裕なのか?昨年も捜査に加わった二人には

        今回は期待してもいいだろう。

 

 

       

24-832.JPG

 

 

 

8:37   出船!

       今回、久里浜沖まで誘導してもらうイケメン船頭。

       予報通り雨は止んだ。

 

 

24-837.JPG

 

 

8:50   一週間前の事前調査では、チンピラ(ワッペン)が多く検挙されて

       おり、なかなか幹部クラス(25cm以上)の検挙は難しくなっていた。

       実際に俺も22人(匹)検挙したが、幹部クラスは顔を見ることが

       できなかった。

 

 

9:00   20分位の移動で目的地の久里浜沖に到着。

       海上は風が強く吹いている。

       船は大きく揺れ、捜査(カワハギ釣り)にはBATコンディション。

       なんとか全員無事に捜査を全うしてもらいたい。

 

 

9:03   一斉に捜査開始。前回に比べると比較的スムーズに

       捜査が開始され、駆け出し捜査官達も気合が入っている。

       どうなることやら。

 

 

9:08   「ウオオオオオオオオ」

       周りが騒がしい。

       「まさか!もう検挙したのか?」

       いったい誰が?

       俺は騒ぎの方向に向った。

       そこには・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CMはいりま~す

 

 

 

 

さわのい にごり.JPG

 

はいはい、またやってきましたよ~^^

皆さんお待ちかねの

澤乃井 辛口にごり酒  ですよ~^^

お値段は去年と変わらず一合650円

四合瓶は2380円です。

それではテロ一網打尽作戦をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9:08  まさかの二軍捜査官ようこがスピード検挙!!

      これだけテロ捜査のプロに混じって一番最初に検挙

      するとは、すごいことだ。

      朝の笑顔くる余裕は本物だった。すると奴も期待していいのか・・・。  

24-908.JPG

 

 

9:09  「オオオオオオオオオオオオオオオ」

      またも検挙したと思われる声が俺の背中から

      聞こえてきた。

      「女性の声が混じってる」

      「誰だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

to  be  continue.....

営業日カレンダー

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
オレンジ色は休業日になります。